ニュース&トピックスinformation

あんこのふるさと興津

2023.06.09

日本の製餡業の発展の基礎を築いた興津出身の北川・内藤氏の功績から、

興津は「あんこのふるさと」と呼ばれています。

あんこを日常的に楽しめるようになったのは、製餡業の発展があったからこそなのです。

 

和菓子好きなら一度は訪れたい!

~ 興津は、あんこの故郷(ふるさと)です ~

 

あんこを使った創作料理(菓子)のコンクールを10年間実施してきました。

あんこ番長の大沼啓延さん(故人)を審査委員長に

「清見の雫」「あんメーラ~アミューズ」「あんこ生キャラメル」「カラフルあん寿司」

などのが名レシピが誕生しました。

これからもたくさんの方に興津の良さを伝えられるよう、日々たゆまぬ努力を続けてまいります。

 

 

お問い合わせはこちら

〒424-0204
静岡県静岡市清水区興津中町60-2

TEL 054-369-1154

興津坐漁荘

ざくろの花が咲いています

2023.05.30

毎年ざくろの花が咲きますが今年の秋は何個の実がつくのでしょうか?枯木な木ですが、たくさんの花を咲かせ実を成らせるパワーに驚かされます!

そして落ちた花が小さい頃に母が作ってくれた弁当に入っていた「たこさんウインナー」に似てるな!って思うのは食いしん坊の私だけでしょうか(笑)

~自然・お食事・興津をお楽しみください~

2023.05.08

 ゴールデンウィークが過ぎましたが、どこかお出かけのご予定はございますか?

東海道の宿場町であるここ興津は、歴史や自然に触れることのできるスポットがたくさんあります。

多くの方が興津をもっと好きになるような観光スポットをご紹介していきたい!と思っております。

興津坐漁荘も、その1つ。

西園寺公望公が晩年過ごされた場所にお出かけ下さり甘味処のクリームあんみつなどを自然豊かな空間でお食べ頂く事もできます。

ぜひ一度興津の街にお越しください。

 

お問い合わせはこちら

〒424-0204
静岡県静岡市清水区興津中町60-2

TEL 054-369-1154

ロウドクシャ 坐漁荘 公演2023

2023.04.23

土曜日の午後、坐漁荘の2階で朗読公演が行われました。今回は絵本からのお話ですが「私の朗読で皆さんにどのように伝わるのか、想像力を刺激できましたら嬉しい限りです。」と、なおのすけ談

新年度

2023.04.21

こんにちは!
ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
新年度の4月を迎え皆さまいかがお過ごしでしょうか?


今週は寒暖差がとても大きかったですね!
季節の変わり目は、身体が知らず知らずのうちにストレスを受けて
体調を崩してしまいがちです…。

この時期は体調の変化にくれぐれもご注意くださいね!!

ゴールデンウィークも間近になりました。ぜひ興津の町にも足をお運び下さいませ。

 

 

〒424-0204
静岡県静岡市清水区興津中町60-2

TEL 054-369-1154

興津坐漁荘

ロウドクシャ  坐漁荘公演2023

2023.04.04

春の物語り 

「ふたりはともだち」作アーノルド.ローベル

 出演 なおのすけ

4月23日日曜日 13時〜  15時〜

無料  当日、会場にお越し下さい😊

朝鮮通信使

静岡まつりの登城行列に参列してきました

2023.04.04

4月1日 土曜日 晴天☼

 駿府城の家康公に会うために朝鮮通信使も登城行列に参加しました。

 桜は満開🌸 人は、いっぱい🍷🍺

 暑かったですが吹く風は心地良かったです~

 

 

 

 

 

 

興津坐漁荘

明治記念大磯邸園

2023.03.09

先日 明治記念大磯邸園の方々が興津坐漁荘に視察に来られました。

大磯には、西園寺公望公など明治の偉人たちの別邸が集中しており

過去に別邸や旅館など避暑地とされていた「興津」と似た地域になります。

大磯も興津も、東海道の宿場町でもあるので、今後、連携を図り、イベントなど

検討していきたいと思います。

明治記念大磯邸園は令和7年から一般公開されるそうです。

楽しみですね!

 

【明治記念大磯邸園】

  *伊藤博文邸跡  *大熊重信別邸跡  *陸奥宗光別邸跡  *西園寺公望別邸跡

pagetop